Mail メールマガジン

Mail

HOME//メールマガジン//さくら経営ニュース No.355     (2020年5月19日発行)

さくら経営ニュース

さくら経営ニュース No.355     (2020年5月19日発行)

近所の焼肉屋さんがテイクアウトでお肉を買ったお客さんに焼肉用カセットコンロを貸して
くれるサービスを始めました!

今週末、おうち焼肉パーティーを企んでいる栗谷です、こんにちは。

本日ご紹介する戦略は、「ダイナミック・ケイパビリティ」です。

「ダイナミック・ケイパビリティ」戦略とは、
「環境変化に対応するために、組織内外の経営資源を再結合・再構成する経営者や組織の能力」
と説明されています。

富士フィルムを例に、この戦略をお伝えしようと思います。

かつて写真フィルムは、その高度な技術ゆえに世界で4社しか製造できなかった商品で、
アメリカのコダック、ドイツのアグファ、日本の富士フイルム、コニカ4社の寡占市場でした。

しかし2000年頃、デジタルカメラの普及により写真フィルム市場は一変してしまいます。

富士フィルムは事業の多角化によって生き残りを図りましたが、
コダックは、環境変化に適応できず2012年に経営破綻を余儀なくされました。

コダックと富士フィルムの命運を分けたのは、共に持っていた写真フィルムに関する高度な
技術や知識を再構成・再利用できたか、否かということです。

まさしく、「ダイナミック・ケイパビリティ」戦略の差であります。

富士フィルムは、写真フィルム需要の変化に伴う脅威を感じとり、企業の生き残りをかけて
技術の棚卸しを行いました。

自社の強みである高度な写真フィルム技術を整理・再構築し、

写真フィルム技術と親和性の高い化粧品事業・医薬品事業・再生医療事業への進出をしました。

例えば、写真の色あせを防ぐ抗酸化技術は、紫外線などのダメージから肌の老化を予防する
化粧品の開発に応用されました。

富士フィルムのアンチエイジング化粧品「アスタリフト」はこの技術を活かして
生まれたものです。

新規参入事業でありながら、発売4年目で売上高100億円を突破し、今ではアンチエイジング
分野でトップ10にランクインするほどの躍進ぶりを見せています。

現在、すべての業界において外部環境の変化のスピードが速く、危機的状況に陥ることのない
企業はありません。

激変する経営環境の中で、新たな環境変化に適応できるかどうかが
企業が生き残れるかどうかの可否を決めると言っても過言ではありません。

皆様方の会社も、一度自社の内部資源を分析し、今後の外部環境の変化を見据えたうえで、
ピンチをチャンスに変えるような新たな強みを検討されてはいかがでしょうか?

SHARE
シェアする
[addtoany]

メールマガジン一覧